川崎介護求人盛りだくさんサイト

ステップは高齢者にとって重要危険な場所です。段鼻は足をはたくことが夥しいから環境を優先する時は外したほうがよいでしょう。

 

若々しい人には苦にならない階段の高さや、勾配なども高齢者には危険です。踏み段は足をすべらせて転落や転倒を起こすことが多数場所です。

 

敷物を設置時は真下に滑り止めをがっちりつけることです。高齢者はステップではバランスを崩し転倒する危険性があります。

 

回廊や玄関での思案は、敷物を置かないことです。ステップで事故を起こさないように、手すりや滑り止めなどの配慮をした住まいの思案について掲載しています。

 

そこで、手すりをつけること、すべり止めをつけることをおすすめいたします。ステップをリフォームする時には、ステップの階段の高さを低くし、ステップの踏み面を広くとり、ステップの勾配45度以内にすることをおすすめいたします。

 

足元を照り付けることができるように、足元に照明をつけることも思案の一つです。